日本の自殺をテーマにしたドキュメンタリー映画「自殺者1万人を救う戦い」。アイルランド出身のレネ・ダイグナンさんが働きながら休日の時間を使って、3年かけて作ったそうです。 日本の自殺をめぐる諸問題、自殺防止に取り組む人たちの活動などが紹介されています。

<参考記事> 映画「自殺者1万人を救う戦い」―外国人監督が撮る自殺大国・日本の現状 http://atcafe-media.com/2012/11/13/waronsuicide/

以前この映画の上映会に参加した際にDVDをいただきました。 せっかくなので、映画上映会をやりたいと思います。 この映画に興味をお持ちの方、ぜひ一緒に見ましょう! 見終わったら、ちょっと感想とか話せればいいですね。

※初めての方、企画者と面識のない方でも大丈夫です!

■企画者のプロフィールはこちら http://atcafe-media.com/about-2/

■ゲスト交流型の新ソーシャルアパートメント「GRAPHY NEZU」について http://atcafe-media.com/2013/03/25/graphy_nezu/

————————————————-

【日時】 2013年10月27日(日)18時00分~19時30分 (ご希望の方がいらっしゃれば、イベント終了後にソーシャルアパートメントをご案内いたします)

【場所】 GRAPHY NEZU 共有ラウンジ&ダイニング http://www.hotel-graphy.com/ 東京都台東区池之端4丁目5-10

<アクセス> 東京メトロ千代田線「根津」駅より徒歩3分 東京メトロ銀座線・JR山手線「上野」駅より徒歩10分 http://goo.gl/maps/NEdN5

【集合】 17時55分に現地集合でお願いします。

【参加費】 無料

【持ち物】 ・名刺(お持ちであれば) ・ドリンクや軽食等も各自で持参いただければと思います。

【定員】 12名(主催者を除いて最大11名を募集します)

【申し込み方法】 以下Facebookイベントページからお申し込みください。 https://www.facebook.com/events/538092739603622 ※Facebookをやっていないという方は以下主催者宛てにメールにて参加希望の旨をお伝えいただきますよう、どうぞお願いします。 ※ご不明点やお困りのことなどがある際も、お気兼ねなくご相談ください。

【主催者プロフィール】 加藤 たけし(Takeshi Kato)

ソーシャルメディアのビジネス活用コンサルティングを手がける株式会社ループス・コミュニケーションズ所属。ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)パートナー。日本最大規模の読書コミュニティ・読書朝食会”Reading-Lab”(通称リーラボ)発起人 。1983年生まれ。2006年SFC卒。

座右の銘:「ひとりじゃできないこと、みんなでやる」

より詳細なプロフィールや連絡先等はこちら。 http://atcafe-media.com/takeshi_kato/

 

_DSC7354