トリ風土研究所 兵庫の銘柄鶏『播州百日鶏』で学ぶ食育レクチャー

 

 

1148356_662286157115628_119661697_n 

 

「食」としてのトリ。土地に息づく「風土」としてのトリ。

 

 トリとこれからをつなぐ場所。それが『トリ風土研究所』です。

 

 

今回は、兵庫県はみのり農協養鶏事業所がつくる地鶏、銘柄鶏『播州百日鶏』にフォーカスをあて、生産•流通•消費までを学ぶ食育レクチャーを開催します。

 

 s-アンテルーム開催写真1

 

【コンテンツ】

参加者の皆様に配布するトリ風土研究所のオリジナルテキスト

『トリの教科書』を元に一緒に学びながら進行します。

 

 s-アンテルーム開催写真2

 

①トリに関する生産•流通•消費の現状の話

 

 

②JAみのり農協養鶏事業所 コンサルタント野網氏による鶏の捌き方、解体実演

 

鶏の解体の仕方から、どの部位がどこにあるか?鶏の軟骨って実際はいくつ?など様々な疑問に答えていきます。

 

 

③特製地鶏料理を食べながら懇親会

 

④トリは日本の文化だ!今後のトリ風土研究所の展開について

 

 

s-アンテルーム開催写真3

 

 

【時間•場所】

①11時30分〜13時予定  定員:20名

場所:グラフィー根津              http://www.hotel-graphy.com

東京都台東区池之端4-5-10

 

②16時30分〜18時予定  定員:20名~30

場所:WORLD NEIGHBORS護国寺 http://world-neighbors.com

東京都文京区大塚4-45-9

 

【参加費】

3000円(お料理代、オリジナルテキスト「トリの教科書」付き)

 

【運営】

トリ風土研究所                                   野網厚詞、山中史郎、宮武裕右

〒560-0033 大阪府池田市住吉2-14-7    tel:0120ー3929ー111